施術後の反応(好転反応)について


俗に言われている好転反応は「調整反応」と呼ばれ、種々の新しい刺激に対して体が反応し、順応するまでの一時的な現象です。例えば正座していた人が急に立つと、血行が良くなるために足がしびれます。このような変化で本来の状態に戻るために現れる反応を「好転」といいます。こうした変化反応は改善の現れです。調整反応を大別すると次の種類に分けられます。

  1. 弛緩反応
    今まで病的状態でいた臓器が機能を回復し始めると、病的状態に合わせて活動していた他の臓器は、一時的に各器官同士のアンバランス状態が起きます。少し経つと安定してきます。(変化:だるい、眠い、倦怠感など)
  2. 過敏反応
    急性の症状が慢性となって、慢性の状態で安定しているとき、病気に対して強力な援助が加わると、一時的に急性状態に戻ります。また、数ヶ所調子が悪い時などは一番悪いところの反応が出始めて、そこが改善されると次に悪いところが体に感じてくるというように、順序よく出てきます。時間をかける必要があります。(変化:便秘、下痢、痛み、腫れ、発汗など)
  3. 排泄反応
    体の解毒作用の現れで、体内の老廃物を分解排泄する時に出る反応です。汗、便、皮膚に反応が現れます。(変化:吹き出物、発疹、皮膚の変化、眼ヤニ、尿・便の色の変化など)
  4. 回復反応
    今まで血行が悪かったところが改善され、うっ血して汚れた血液が一時的に回り始めるときに現れます。血液が浄化され、血行が良くなるにつれて調子よくなります。(変化:発熱、痛み、吐き気、腰痛、だるい)
  5. その他
    無反応 、繰り返し起きる

Posted in: Q&A

Copyright© 松本市のヒーリング&整体/骨盤矯正サロン 楽空間 宙-sora- All Rights Reserved.