プロフィール

院長:宮腰秀二

院長:宮腰秀二キネシオロジー大好きオジサン。院長の宮腰です。みずがめ座のO型。趣味を見つける暇もないまま歳を重ね、気が付けば50過ぎ!(>_<)
お客様を含め、様々な方との出会いに『ご縁』を感じています。日々これ感謝です!
生年月日
1960年1月29日
出身地
長野県松本市
趣味
温泉・タロットカード・釣り
好きな食べ物
ビール・串焼き・野菜・きのこ類・カレー
好きな本
How To本
資格/修了証

  • HSKキネシオロジスト
  • タマラプラクティショナー
  • Caféキネシ インストラクター
  • インテグレイテッド心理学講座(上級)
  • プロダウザー
  • ペンジュラムヒーリング
  • ボイジャータロット(レベル1)
  • Sirius Healing

 

 

楽空間 宙(らくうかん そら)の歩み

こんにちは!

お客様の「楽になった!」一言が原動力!?・・・の楽空間 宙の宮腰です。
皆さんと一緒に、健康で楽しく生活できる方法を実践していきたいと思っております。よろしくお願いします。

誕生

長野県松本市で生まれ、母親、異父の姉(15歳違い)、私の3人で暮らしていました。

母親は水商売をしていましたし、姉は私が中学生の頃結婚し家を出ましたので、小さい頃から姉や親に遊んでもらったとかいう記憶はあまりありません。

そんな家庭に育ちましたので、『優しさ』とか『愛』に飢えていたのかも知れません。
性格は明るい方ですが、一人でいる方が楽だと感じる事も多く、子どもの頃から、漠然とした罪悪感や生きづらさを感じていました。

・・・こう書くと暗くてひねくれた人間に見えますね。(笑)

小学生

小学校の時はとにかく体力があり余っていたようで、体を動かすことがとても好きでした。
家が貧しくておもちゃや自転車を買ってもらえず、外で走りまわっていたおかげでしょうか、体育の成績は良かったです。

その中で一番ハマったのはサッカーでした。

中学生

中学校では迷わずサッカー部へ入部しました。

その頃は身長も低く、小柄だった私ですが、サッカーに夢中でキツイ練習も楽しかった事を覚えています。サッカー三昧の中学時代でしたが、今みたいにサッカー人気なんてものは無く、モテた記憶はありません。(笑)

高校生

高校では当然サッカー部へ。

お茶らけた性格でしたので、クラスでは人気者として通っていましたが、人に嫌われることの恐れからか自分の意見を持つことは苦手でした。

今考えると、サッカーが好きで夢中になっていたのか、毎日の寂しさを紛らわすためにサッカーに明け暮れていたのか微妙なところです。(笑)
寂しいと感じたことはなかったつもりですが、誰もいない家に帰るのはやはり嫌だったのかも知れません・・・。

当時は、コンビニやカラオケなんてものは当然ありませんので、友達とふざけたり、バイクに夢中になったり、イタズラに酒やたばこに手を出してみたりとアナログな遊びは沢山しました。

1年生の頃はルーム長でしたが、だんだん悪さを覚え、イキがってリーゼントに学ランというヤンチャ小僧になりました。(笑)

就職

やりたい職業が決まらないまま、カーレース用品専門店のバイトからトラック運転手に。

「やりたいことって何だろう?、何のために生まれてきたんだろう?」と思いながらも日々の仕事や生活に追われていました。

数年経って、腰痛になった時、病院での検査で異常は見つからず、知り合いに紹介してもらった整体で体調が徐々に回復してきた時には感謝感激でした。

多くの治療家は、それを機に手技の勉強を始めたり、治療業界への道を歩み始めたりするのですが、ひねくれた私は違います。(笑)

紆余曲折?波乱万丈?

気がつけば30歳になっていた私は、当時付き合っていた女性と結婚し、家を建てる・・・なんて暴挙に出るのでした。お袋を病気で亡くしたのもこの頃でした。

子供2人を授かった私ですが、元来の責任感の無さと子供の頃からの生き辛さなのか、毎日が嫌で嫌で仕方ありませんでした。
父親がいなかった私には『良い父親像』なんてものは、TVの世界でしか知りませんので、「〜〜べき」、「〜〜ねばならない」と自分を追い込んでいたのかも知れません。

人生、七転び八起きと言うけれど・・・

結局、運転手の仕事は会社に迷惑をかけてしまい退社。その後、知人に紹介された住宅基礎工事専門の土建会社に就職する事になりました。

親方がキョーレツに個性のある方で、非常に面倒見がよく、大変お世話になったのを覚えています。
しかし、トラックの時に比べて収入が激減したため、家のローンや生活費の事で、当時の嫁と絶えず喧嘩を繰り返していました。

そう、私はバツイチなんです。(笑)

結局、その土建会社で3年ほどお世話になり、同じような住宅関係の仕事(エクステリア)で独立する事になりました。

収入もアップし、これから・・・という時に、またもや事件がおきます。

ナント、仕事で100%のお付き合いをしていた元請け会社が倒産してしまったのです。、私の工事した分が貰えないまま・・・。

忘れもしないクリスマスの日でした。クリスマスにサンタさんが来るなんて嘘です!!(笑)

冗談はともかく、独立した時の借金やら、家のローンやら生活費やらで、もう火の車です。
以前にもまして喧嘩が絶えなくなった私たちは、とうとう離婚する事になりました。

手技をはじめたきっかけ

家を離れた私は、家賃2万円のアパートを借り、借金のため朝から夜中まで仕事をしました。
腕に覚えのある建築業はもとより、居酒屋の店員、フィリピンパブのバーテン、学習教材の営業、健康器具の営業など。

金になりそうな仕事は何でもやったのを覚えていますが、これが私の人間形成に役立ったかどうかは不明です。(笑)

その後も紆余曲折あり(再婚もしました)、「このままじゃホントにダメになる。」・・・そう思った私がたどり着いたのが、この仕事でした。

正直に言いますと、人を癒したいとか、人のために役立ちたいという気持ちより、手っ取り早く金になるからと思って選びました。

その会社が経営するリラクゼーションのお店で働くことを条件に、上京して技術を教えてもらい、卒業後は松本に戻り会社のチェーン店で働いていましたが、人間関係の表と裏をいやというほど経験しました。

人間関係のドロドロが嫌になったのと、金を稼ぎたいというのもありまして、独立を決意しました。

思いの変化

独立当初は嫁さんに表に立ってもらい、『耳つぼダイエットサロン』との併設で整体院を運営する事にしました。

来院されるお客さものために『とにかく症状を改善したい!』という思いが強くなり、毎週のように東京の技術セミナーに通い、時にはアメリカに1か月の留学もしました。

体の仕組みなど知れば知るほど深くておもしろくて、それがお客様の体が楽になることに繋がるのがとても嬉しいと感じていました。

今考えると、「お客様のために」・・・と言う言葉にすり替えられた自己満足だったのかも知れませんが、『お客様の身体を治したい!』と本気で思った時でもありました。

最初はお金のために始めたこの仕事ですが、今はとても魅力を感じています。

また、手技を覚え始めたころは、「お客様の体は『俺が治すんだ!』」と息巻いていましたが、色んなことが腑に落ちてくると、それこそおこがましいと思うようになりました。

症状は、お客様の身体が治すのであって、私が治すのではありません。
私の役目は、『なぜ痛みが起きているのか?、具合が悪いのか?』というところにスポットを当て、お客様自身に気づいて頂くという事だとお思います。

抱負

今後は、更にこのポリシーをしっかり意識しながら、お客様と接していきたいと思っています。
なので、売り上げのためだけに意味のない施術は致しません。(ただ単に気持ちいいだけの施術メニューは自分の中で封印します。)

これから

2015年以降、大幅なメニュー構成の組み換えや移転・店名変更も考えに入れて活動させて頂いております。

さしあたって、店名を『Cofret(コフレ)』から『楽空間 宙(らくうかん そら)』へと変更させて頂き、メニューも従来あったバリバリの整体から、ヒーリング系・エネルギーワーク系にシフトいたしました。

技術の押し付けではなく、お客様のお身体に最善な方法でアプローチさせて頂きたいと思います。
まだまだ未熟者ですが、こだわりを持って取り組んでまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

2015年 吉日 楽空間 宙(らくうかん そら)
代表 宮腰修次

Copyright© 松本市のヒーリング&整体/骨盤矯正サロン 楽空間 宙-sora- All Rights Reserved.